木のおもちゃ積み木の森では、遊び・体操・音楽など様々なイベントを通して子育てのお役に立ちたいと考えております

木のおもちゃ積み木の森

木のおもちゃ積み木の森

木のおもちゃ積み木の森は、木のおもちゃ・積み木で遊べるプレイルームです。

 積み木の森では各種木のおもちゃ・積み木・ドールハウス・ままごとセットを取り揃えております 積み木の森サイトマップ

木のおもちゃの手入れ

木のおもちゃ積み木の森 木のおもちゃの良さの1つに、「壊れにくいこと」「修理しやすいこと」があります。ご家庭でも簡単にできるのでお子さんと一緒に必要に応じてお手入れをしてみてください。
そんな経験を通して、子どもは「モノを大切にすること」を身につけていきます。


・汚れた場合

乾いた布または良く絞った布で拭く
無垢材できている木のおもちゃは乾いた布で拭くことが望ましいのですが、カラ拭きでは汚れが落ちない場合があります。また、塗装してあるおもちゃの場合、水拭きで汚れは落ちません。その場合はよく絞った布で水拭きしていただいて構いません。
その後、陰干しをして充分に乾かしてください。直射日光に当てると木の表面が熱くなり、水分が木にしみ込んで「割れ」や「ひずみ」が出ることがあります。


・汚れがひどい場合
・ささくれたり、凹んだ場合

サンドペーバーをかける
無垢材で無塗装のおもちゃの場合、サンドペーパー(紙やすり)をかけてやると新品と見違えるようによみがえります。表面が粉っぽくなるので、やはり硬く絞った布で水拭きして乾かします。
サンドペーパーは研磨剤の粒子の粗さによって、一般的には40〜1000までの番号が表示されています。番号が大きいほど細かくなりますが、おもちゃではそこまでの細かさは必要ないので「120」くらいがよいでしょう。

平面を手でこするときは、乾電池やライターなどの大きさのものに巻きつけて使用します。ポイントは木目に沿ってこすることです。目の粗いペーパーでこするとキズになって残るので注意してください。

超仕上げのようにツルツルにしたいときは、最後に320番くらいを使うとよいでしょう。気持ちよいくらいすべすべになります。サンドペーパーには表面が「茶」「黒」「白」の3種類あります。茶色はすぐに破れるので黒か白がいいです。特に、白は目詰まり防止剤が塗布されていて効率よく削れます。

  • 40〜120(粗い)・・・粗削り用、形の形成、粗肌仕上げ
  • 180〜240(中)・・・最もよく使う仕上げ用
  • 320〜400(細)・・・塗装前の仕上げ
  • 600〜1000(超細)・・・無垢材では普通使わない、超仕上げ、塗装後の磨き


・壊れた場合

木工ボンド・木ねじで修復する
乳幼児のおもちゃが完全に割れたり、壊れた場合は舐める危険があるので諦めてください。
おもちゃを舐めない年齢であれば、ボンドで修復がよいでしょう。木工ボンドをそのまま使うと割れや隙間の中に入らないので、「水性木工ボンド」をスポイト状の小さな容器に入れ、少し水を加えて使用すると上手くいくはずです。
木ねじはダボを開けて使用することをおすすめします。ただし、インパクトドライバー等の道具が必要なので木工道具がない方にはおすすめできません。

いずれにしても、木のおもちゃは素人でもメンテが簡単なので是非やってみてください。



お問い合わせ販売についてプライバシーポリシー運営者情報スズキメソード音楽教室リンク
Copyright(C)木のおもちゃ積み木の森 All Rights Reserved.